自由金利と公定歩合

 金利はお金を貸し借りする際の価格といえるものです。借りる側からしてみれば低いほうがいいし、逆に貸す側からすれば少しも高いほうが利益に繋がります。お金も基本的に物と同じで、借りたい人が多ければ金利が上がり、少なければ下がります。したがって、完全に自由な市場では、金利は資金需給に見合う形で決まることになります。自由金利(完全自由金利)と呼称されるもので、コール、手形レート、譲渡性預金(CD)金利、大口定期預金金利、債権流通利回りなどがこれに当たります。たとえば日銀が手形金利の水準を高めに設定したり、低目にしたりしたいと考えた場合には、市場との間で手形を売買(オペレーション)して市場の資金需給を変化させることになります。また、民間金融機関の一般的な貸出金利も臨時金利調整法などによる最高限度の範囲内で自由に決めることが可能です。

公定歩合とは

 これに対して、日銀が金利水準そのものを決めてしまうのが公定歩合です。公定歩合は日銀が政策的な判断に基づいて決定します。公定歩合と完全自由金利の中間にあるのが規制預貯金金利や長期、短期のプライムレート(最優遇貸出金利)、債権の発行条件などです。これらの金利は関係者が資金需給を勘案しながら一定のルールや判断にしたがって決定します。