金融市場とは

日々の経済活動にはお金を貸し借りする資金の融通が必要ですが、この資金を融通する場のことを金融市場と呼称します。

お金の貸し借りは中央銀行、市中銀行同士、市中銀行と企業、市中銀行と預金者や消費者などの間で発生しています。

一般にはこうしたすべての資金融通の場を金融市場と呼称しますが、中央銀行を含めた金融機関同士の資金融通の場に限って金融市場と呼ぶこともあります。

金融市場は様々な方法で分類できます。その代表的なものが融通し合う長期金融市場と短期金融市場の二つに分かれます。企業などが株式・公社債といった有価証券の発行によって資金を調達する場の資本市場は、長期金融市場に当たります。

短期金融市場

短期金融市場には金融機関相互の間でごく短期の資金取引をするコール市場、金融機関同士が手形の売買を通じて資金取引をする手形市場があります。

このほか、金融機関が発行するCD(譲渡性預金)を売買するCD市場や企業が短期の運転資金などを調達するCP(コマーシャルペーバー)市場なども短期金融市場に含まれます。